I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

タグ:ファルハーン・アクタル ( 5 ) タグの人気記事

Zindagi Na Milegi Dobara (2011) 「人生は一度だけ」

Zindagi Na Milegi Dobara (2011)がラテンビート映画祭にて公開だったので、新宿バルト9で観てきました。7月公開の新作インド映画がたった2ヶ月のインターバルで日本語字幕付きで観られるなんて珍しい。邦題は「人生は一度だけ」と分かりやすい。本当のヒンディー語は「人生は(=zindagi)無い(=na milegi)2度も(=dobara)」だけれどね。
そもそもラテンビート映画祭はラテン文化圏の映画を集めている物なのに何故ボリウッドか?というと舞台がスペインでスペイン観光局全面協力っぽいから?映画自体もいわゆるラジニ様系のバリバリインド映画ではなく、おしゃれな感じのトレンディードラマ系だから、て感じ。

オフィシャルサイト(英語):http://www.znmdthemovie.com/
予告編

出演者:リティク・ローシャン、ファルハーン・アクタル、アバイ・デオル、カトリーナ・カイフ、カルキー・コーチリン

b0125888_18571857.jpg


学生時代の仲良し3人組の一人が結婚することになってスペインへ独身最後の記念旅行することになり、3人がそれぞれやりたいことを道中ですることに。
でも...ロンドン在住のアルジュン(リティク)は仕事の虫で仕事を持ち込む。デリー在住コピーライターのイムラン(ファルハーン)はチャラ男を装うがスペイン旅行に別の目的があった。一番幸せ者のはずのカビール(アバイ)はネット電話で婚約者のナターシャ(カルキー・コーチリン)とけんかしギクシャク。
最初のチャレンジがスキューバーダイビングで、カトリーナ・カイフがダイビングインストラクターで登場。彼女がアルジュンの人生観を変えることになる。
さて、どうなるこの珍道中?てな話。

いや~、設定が30代男子ならかなり痛い設定>特にアルジュン。でもお坊ちゃま系な感じで幸せに成長して仕事一筋だったんだろうな、アルジュンは。
カトリーナが超可愛いかった!最近彼女は頑張っているなぁ、とつくづく思う。ただの美人さんじゃなくて、女優さんとしても頑張っていると思う。彼女のライラの設定(イギリスとインドのハーフ、「人生は1度だけ。やりたいことをしなくちゃ!」)というのもちょうど良かったのかも。

インド映画の男3人旅というとファルハーンのDil Chahta Hai(2001)っぽい感じもあるけれど、妹ゾーヤ監督はもっと分かりやすくトレンディドラマっぽく仕上げている。彼女のデビュー作(Luck By Chance)もファルハーン主演でしたが、今回の方が好きかな。

実はこの映画に日本ネタがいくつか。すべてリティク担当。(笑)
1.「モシモシ、ヤマモトサン」http://youtu.be/7eR407iiNxQ
2.「俺は日本の女子高生か?」 http://youtu.be/arfjorjQ-s0
[PR]
by iheart_2 | 2011-09-19 18:59 | Bollywood

今日のカラオケ:Pichle Saat Dinon Mein



Pichle Saat Dinon Mein@「Rock On!!」カラオケ用字幕付き。

Come on! LOUDER!!
[PR]
by iheart_2 | 2010-02-21 00:36 | その他

Dil Chahta Hai(2001)

Dil Chahta Hai(2001)
出演:アーミル・カーン、アクシェイ・カンナ、サイフ・アリ・カーン、プリティ・ジンタなど
監督:ファルハーン・アクタル
参考URL: http://en.wikipedia.org/wiki/Dil_Chahta_Hai
http://www.imdb.com/title/tt0292490/@IMDB



b0125888_17495140.jpg

「Don」「Rock On!!」「Luck by Chance(チャンスをつかめ!)」のファルハーン・アクタル初監督作品。

簡単に言うとアーミル、アクシェイ、サイフが大学の仲良し3人組を演じる青春映画。
オープニングは病院。アクシェイ・カンナ演じるシドがサイフ演じるサミールを呼び出し、そこから仲良し3人組の大学卒業パーティーの頃の話になっていく。卒業後も卒業旅行に行ったり、仲良く会ったりしていたが、アーミル演じるアカーシュがシドの恋心を茶化したことから仲良し3人組が分解してしまい、ちょうどそのタイミングで別々の道を歩むことになってしまう。アカーシュはオーストラリア、サミールはムンバイ、シドは絵画学校へとバラバラになってしまった3人。さて、皆の行く末は?って話。

なんだ、ファルハーン・アクタル作品って身構えてしまったけれどまだ第1作目は王道のインド恋愛映画じゃん、と思いました。ちゃんと王道のミュージカルシーンもアーミルが担当って感じでしっかり入っていたし。(サイフもクラーク・ゲーブル系コスプレをやっていたか。:笑)しかしよくよく考えてみると、こういう手の都市型中産階級層向けインド映画って今では珍しくないけれど、9年前では珍しい方なのかも。「Pyaar To Hona Hi Tha」がその3年前の1998年制作だから、その出来から考えるとすっごい進化しているのかも。そうか、だからFilmfareで作品賞を取ったのね。なるほどね~。

アーミル、なるほど、この人は秀才の役がよく似合う。早口で頭の回転が速そうな感じ。すぐに茶化してしまう感じがとても上手でした。若い頃は唐沢寿明系だったのね。(といっても8年前か)皆が「アーミルは天才」というのはよく分かりました。でも残念ながらタイプじゃないんだよな。
サイフはお坊ちゃまキャラでした。昔から芸風変わっていないじゃん、って感じ。(元々ボンボンだし。)でもこの頃はまだまだ主演男優という華が無くて、主演を支える良い奴的なイメージ、というのもよくわかる。けれど安心してみていられました。
アクシェイ・カンナさん、実は一番年下なのに全員同い年に見えるという落ち着きぶりでした。この7年後、サイフとアクシェイは「Race」で兄弟役で共演するのですが、サイフが元々年上だけあって老けるのが早いのかって感じ?(苦笑)
それにしてもアーミルとサイフの組み合わせだと何故最初のセリフが英語なのだ?(笑)
[PR]
by iheart_2 | 2009-11-14 11:07 | Bollywood

Rock On!!(2008)

Rock On!!(2008)
ファルハーン・アクタル製作・主演。
OSO」のムケーシュ(阿部寛系プロデューサー役)のアルジュン・ランパルがFilmfareで助演男優賞を受賞した作品。

参考URL: http://www.imdb.com/title/tt1230165/

予告編


ファルハーン・アクタル、シャールク・カーンの「Don」の監督さんです。本作品で俳優デビュー&インドでは珍しく俳優自ら歌っています。東京国際映画祭で上演予定の「Luck By Chance(チャンスをつかめ!)」にも主演しています。

大まかにあらすじを言うと、10年前Magikとしてバンド活動をしていた4人はデビュー直前で方向性を巡って解散、その後バラバラの道を歩いていた。ドラムのKDがボーカルのアディヤの妻と出会ったことをきっかけにまた4人が出会い、バンド活動を始めてChannel Vのコンテストに参加することになる。しかし参加するにはギターのジョー、キーボードのロブにはある個人的な問題がぁ~、てな話。

とても良くできた作品。題名が題名だけにロックバンドの話なので、いわゆるダンスと歌とラブコメというインド映画の王道という作品ではない。けれど日本でもアート系だったらきっと受けると思うから公開したらいいのに~、と思う。「Luck By Chance」が公開されるのならついでにお願いです。だって日本公開作品を2つも持っているファルハーン・アクタル作品ですよ!どこの会社でも結構ですから是非是非。

ちなみに2枚組を買ったのですが、1枚目は本編でチャプター、歌、字幕機能付き。2枚目が面白くて、メイキング、「Pichle Saat Dinon Mein」のミュージックビデオ(本編にはないオリジナル)、削除シーン、映画に登場する歌のカラオケ(!)、映画・サントラに登場するバンドのライブ映像+他の映画の予告編付き。
カラオケ、凄いですよ。ちゃんとファルハーンの歌っているところの音が小さくなっていて字幕が出るんですよ。これを何回も繰り返せばヒンディー語の練習になるかしら?(意味が分かっていないと駄目だけれどさ。)
b0125888_18133844.jpg


[おまけ] 助演男優賞のアルジュン・ランパル
10年前Magik時代 かなりの男前
b0125888_1814591.jpg


その10年後、閑古鳥のギター教室の先生になると...かなりのむさ苦しさ
b0125888_18154883.jpg


ちなみにKD役の人、けっこうドラムが叩けるのかな?と思ったらメイキングで「ずっと練習してできるようになった」と話していて凄いなぁ、と感心。ファルハーンはかなりライブ慣れしている感じ。観客の煽り方が本物っぽい。

ロック好きな方は機会が有れば是非この映画を見てください。そのためには是非日本公開を!
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-12 17:58 | Bollywood

ちょっと寄り道: Dil Bole Hadippa!+α

そういえばDil Bole Hadippa!の公開が始まったんじゃありませんか!(9/18スタートのはず)
一応DVD購入メモ代わりにYoutubeからめぼしいものをコピペ。

Theatrical Trailer


”Hadippa The Remix"


映画のメイキング >> Part1 Part2 Part3

ミュージックビデオのメイキング
Making of ”Hadippa The Remix"


Making of "Discowale Khisko"


そうえいえばトロントへはラニー様だけ行ったみたいですね。シャーヒドは新作&撮影続きで忙しいのかな?
日本でもこういう娯楽系インド映画が公開されるといいのだけれどなぁ~。

今の悩み:東京国際映画祭で「チャンスをつかめ!(Luck By Chance)」が公開予定。10/20 16:35 - 19:15は仕事だから無理にしても10/22 20:15 - 22:55は行けなくはない。エア・インディアの機内で一度観たからどっちでも良いのだけれど、大きな映画館でインド映画を観てみたい。ただシャー様やジョン・エイブラハムはゲストで出てきても、サイフ・アリ・カーンは出てこない。ファルハーン・アクタル主演でリティク・ローシャンが出ていても、この映画は「Rock On!!」じゃないからアルジュン・ランパルは出てこない。(笑)
さて、どーしたものかねぇ。

参考までにファルハーン・アクタルの製作事務所のサイト : http://www.excelmovies.com/ 
↑のサイトから「Luck By Chance」を探しましょう。
ファルハーンは監督・製作(シャー様の「Don」とか)もやりつつ、俳優デビュー&歌も歌っちゃうってマルチな才能の持ち主なんですね。1974年生まれということはまだ35歳なのに凄いなぁ。

「Luck by Chance」予告編

[PR]
by iheart_2 | 2009-09-22 22:04 | Bollywood