I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Wake Up Sid(2009)

Wake Up Sid(2009)
出演:ランビール・カプール、コンコナ・セン・シャルマ、アヌパム・ケールほか
参考URL : http://www.wakeupsidthefilm.com/index.html
b0125888_22575146.jpg



最近のDharma Productions、ひょっとして脱"インド娯楽映画"化を目指しているのか?と疑うぐらいミュージカルシーン無し(ここ重要)の都市型中産階級若者向け映画。サントラの曲はハリウッドみたいにシーンのバックグラウンドミュージックとして上手に挿入されています。唯一歌っているのが酔っぱらったシド君(ランビール・カプール)がカラオケでアイーシャ(コンコナ)と歌うシーンとおまけのWake Up Sidのミュージックビデオぐらい。

主人公はお父ちゃん(アムパム・ケール)が浴室内装業の会社社長であるアホボン(笑)シド君(ランビール)。友だちと一緒に大学卒業試験を受け、卒業パーティーに参加したところ、コルカタから仕事を探しにやってきたアイーシャと出会い友だちになる。お父ちゃんには「ウチの会社で働け」と言われて出勤したものの1週間で嫌になる。卒業試験の結果を見に行ったところ1人だけ落第。心配する友だちにも両親にも逆ギレし、家出するはめに。思いついた行き先がアイーシャのアパートで、「僕を泊めて」と捨てられた子犬顔で泣きつき、同居生活が始まる。金持ちのアホボンのシド君、今までお手伝いさんがいたので1人で何もかもやったことがないため、アイーシャがイライラし、大げんかを経ていろんなことを学び、段々自分でできるようになっていく。仕事もアイーシャのおかげで雑誌のカメラマンのインターンとして働けることになり、仕事にやりがいを見出していく。アイーシャも最初はシド君を「子どもっぽい」と思い、タイプの上司にデートに誘われてついて行くがジャズについてうんちくを言う奴だったため嫌気がさし、シド君の方に惹かれるようになる。さてこの2人の行く末は?

個人的には非常に面白かったです。全員が演技派で主役2人もシド君の友だちもセクシーな大家さんもシド君の家族も良い味出していて良かったと思います。コメディではないのだけれど、ほんわかした感じの人間ドラマでした。これはインド映画と言わないで日本上映したらきっと受けると思うのですが、いかがでしょうか?是非どこかの配給会社さん、版権を買っていただけないでしょうか?(ただDharma Productionsだから高額になりそうな気もするけれども)

おまけ:"Wake Up Sid (Club Mix)"ミュージックビデオ

[PR]
by iheart_2 | 2009-12-27 23:06 | Bollywood

Company(2002)

Company(2002)
出演:アジャイ・デーヴガン、ヴィヴェク・オベロイ(デビュー作)など
参考URL : Wikipedia , http://www.imdb.com/title/tt0296574/

簡単に言えばインド・ムンバイのヤクザ集団"Company"の盛衰を1人の若者の目を通して描いた作品。Companyの中心人物Mallikをアジャイ、不良少年時代にMallikに拾ってもらってCompanyに入る青年Chanduをヴィヴェクが演じていて、あと「あれ、この人どっかで見たような....?」的な人が結構いる。

アジャイ、この作品の頃(2002~2003)が一番格好いいのではないか?とつくづく思う今日この頃。淡々と仕事をこなすMallikが格好いい。ヤクザのドンって感じが似合っていました。彼ならさすが組織を引っ張っていくだけあるな、というカリスマ性がきちんと出ていてさすが、と思いました。
愛人役の女優さん(調べたらManisha Koiralaさんだった)の気怠い演技を見ていると「極妻」を思い出してしまう。でも極妻よりもか弱い感じかな。
ヴィヴェク、この映画がデビュー作なんですね。顔が今と違って可愛い。(笑)でもデビューとは思えない貫禄があって素晴らしい。今度の新作の予告を観ると「ヴィヴェク老けたなぁ~」とつくづく思うもの。でも今後可愛い系キャラじゃなくて渋カッコイイ系になってくれるのなら文句は言いません。ヴィヴェク頑張れ~!

ヴィヴェクの新作予告編「Prince It's Showtime」
(「Race」の制作陣らしい。だからスタント&お色気シーンがあるのね。)

[PR]
by iheart_2 | 2009-12-27 22:17 | Bollywood

Ajab Prem ki Ghazab Kahani(2009)

Ajab Prem ki Ghazab Kahani(2009)
出演:ランビール・カプール、カトリーナ・カイフなど
参考URL : http://www.ajabpremkighazabkahani.tips.in/
b0125888_203823.jpg


タイトルを大まかに訳すと「"Amazing Story of Strange Prem(Love)"= 不思議なプレム(恋)の素晴らしい話」らしい。プレム君(ランビール)が友だちと作ったHappy Clubの活動中、街で見かけたジェニファー(カトリーナ)に恋をして仲良くなるのだがなかなか告白できず、ドタバタ劇に巻き込まれる...てな話。

リシ・カプールの息子、ランビール・カプール主演のラブコメです。これが超面白い!しかも写真写りは決して良いとは言えないランビールが可愛く見えるから不思議。(苦笑)ま、彼には母性本能をくすぐる天性のものがあるんでしょう。若いし、ダンスは比較的上手だからしばらくは若手のトップでいることでしょう。しかしあまりにも「チャラチャラしていても実はいい人キャラ」が多いので、彼に悪役とかシリアスな演技はできるのだろうか...どっちの方向に行くんでしょうね?
それにしても今回久しぶりにミュージカルシーンを飛ばすに全部見られた!それだけで大感動!サントラも買ったので早速iPodに入れようと思います。

今日の疑問:Tu Jaane Naのミュージックビデオのロケ地はどこ?ローマ帝国時代の遺跡だから地中海沿い?ギリシャなのかトルコなのかな、と思うのだけれど?スーフィのダンスがあるからトルコなのかしら?
メイキングではランビールが"We shot it in a lovely locaton"と言っているのはわかったけれど、英語が聞き取りづらくてよく分からない。(泣)
カトリーナは相変わらず可愛いです。でもこれまた鈍感なコメディエンヌ役なので相変わらず。ま、いいんだけれどね。


[PR]
by iheart_2 | 2009-12-25 19:55 | Bollywood

ちょっと寄り道:ええっ、ついに?!

今このサイトの記事を読んで超ショックなんですけれど。

http://www.pinkvilla.com/entertainment/video/3-idiots-premier-video

このサイトの方が「Mark my words, saif ali khan is undergoing hair transplant treatment, hence has been wearing the scarf on his head..」って書いているんです。マジでサイフが植毛ですか?!本当に本当?!だからずっとバンダナ巻いているの?本当だったら超ショック。本人は気にしているのかもしれないけれど、植毛するほどでもないと思うんだけれど~?

逆に植毛じゃなくてなぜバンダナを巻いているのか?となると未だ謎は残るのであ~る....。

サイフや~い!本当のことを話してちょ~だい!!
[PR]
by iheart_2 | 2009-12-24 22:34 | Bollywood

Cineblitz 12月号

b0125888_21534337.jpgCineblitz 12月号の表紙がカリーナだったので買ったのですが、カリーナのインタビューよりもアルシャド・ワルシのインタビューを先に読んだ時点で私の中では「カリーナ<サイフ」ていうか「カリーナ<アルシャド」ということを自覚しました。(笑)

あとCineblitzは毎号その頃公開された映画を風刺するマンガが掲載されていて、突っ込みどころがツボだったりして大好きなのです。今までアッキー&カリーナのKambakkht Ishq、シャヒード&プリヤンカのKaminey、プリヤンカ&リティク似として有名(というと可哀想だけれど)Harman BawejaのWhat's Your Raashee?とかがターゲットになっていました。たとえばカリーナのはSaifeenaネタ、Kamineyはシャヒード2役について細かい突っ込み、What's Your Raashee?はプリヤンカ12変化&Harmanのリティク似ネタ、とかなり笑えるんですよ。
今月のターゲットはアジャイのLondon Dreamsで、「London Screams」として取り上げられていました。ウンウン、この映画、アジャイファンとしてみるとかなりbizarreですからねぇ。何故脚本がくだらないのか、アジャイのaが消えたのかetc突っ込みどころ満載でしたもの。いや~、もう最高。

今日London DreamsとWake Up SidのDVDが発売されましたよ、とメールが来たのでAll the Bestと共に注文しました。年末年始の楽しみが増えました♪
[PR]
by iheart_2 | 2009-12-19 22:19 | Bollywood

Deewangee(2002)

Deewangee(2002)
出演:アジャイ・デーヴガン、アクシャイ・カンナ、ウルミラ・マトンドカール
参考URL:http://www.imdb.com/title/tt0337971/
http://en.wikipedia.org/wiki/Deewangee



血まみれの姿で殺人現場近くで発見された男タラン(アジャイ)の弁護をすることになったラージ(カンナさん)、一見おとなしい男で殺人を犯しそうな感じに見えないのだが、精神鑑定をすると2重人格だった....と思ったら最後に一ひねりあるんですよね。ハリウッドでも映画化(1996)されたPrimal Fear(1993)ボリウッド版だそうですね。

これ、本当に面白い!アジャイが7変化ぐらいします。凄いです。

裁判所での豹変シーンとか
b0125888_19133547.jpg

b0125888_19131517.jpg
b0125888_19132645.jpg

アクシャイ・カンナさん、どうしても「フレンズ」のマシュー・ペリーにしか見えないんだよな...。(似てません?)

精神科病院での顔の変化とかも面白い。
b0125888_19135675.jpg
「僕、ママを思い出すからあまりここにいたくないんです。」
b0125888_1914631.jpg
で、カンナさんが登場すると
b0125888_19141413.jpg
一瞬で柔らかい感じからこんな感じに。
b0125888_19142916.jpg


もう「さすが!」としか言えないぐらい凄い。
なんでこんな才能ある人が今売れないんだか...。(泣)

このシーン、香港フィルム・ノワール系っぽくて超格好良い、ていうか鳩が飛んでいてジョン・ウーみたい。(笑)
b0125888_19161449.jpg

[PR]
by iheart_2 | 2009-12-12 19:32 | Bollywood

Fanaa(2006)

Fanaa(2006)
出演:アーミル・カーン、カジョール、リシ・カプール、キロン・ケール
参考URL: wikipedia, http://www.imdb.com/title/tt0439662/

Fanaaの意味は「滅亡、死滅」という意味だそうで、DVDの裏には「Fanaa... destroyed in love...」って書いてありました。

あらすじ(という名のネタバレ?):盲目の舞踏家Zooni(カジョール)がカシミールからデリーにやってきた際、現地ツアーガイドのRehan(アーミル)に出会い、恋に落ちる。しかし「僕は悪魔だから恋なんてしない方が良い」とRehan本人に言われたにもかかわらず(苦笑)、デートをし、最後の日は一夜を共にする。で、結局結婚することになり、Zooniの両親をデリーに呼び、その間に医者に相談するとZooniの目は手術で見えるかもしれないことが分かったので手術をする。手術後、Zooniがベッドから起きると、泣いている両親と警察が。死体安置所まで連れて行かれ、「身元を確認してください」とRehanが爆破テロに巻き込まれて死んだことが分かる....。
と思ったら、インターミッション前後から「おお~、そっちに行くか~。」と違う展開になるんですよね。(笑)Rehanは実はテロ組織の一味で生きていたのだった、って話になり、そこから前半とは全く違うストーリーになっていくのであ~る。ハッハッハ~。(...って何でやねん。)後半なんてインド映画ご都合主義が満載。でもいわゆるイケイケっぽいYash Raj Films(だって最近の作品なんてそんな感じじゃん)ではなく、社会派っぽい娯楽映画になっていて非常に観やすかった。

カジョールさん、産休後の復帰作で話題だったんですって。出演陣が全員演技派揃いですからヒットしなわけがない!それにしても子役の男の子が超可愛い。「○○よりも僕の方がずっ~と大好きだよ」なんて言われちゃあギュ~ッと抱きしめたくなってしまうぐらい可愛い。カジョールも演技が素晴らしい。泣き女やらせたら一番です!

アーミル、前半のロン毛はちょっと...。後半の短髪&無精ひげの方が格好いいです。演技派だけあって安心してみていられます。やっぱりこの人は天才肌役が多いですね。しかし「僕は愛を信じないんだ。数ヶ月したら別れて次に行くタイプ」って設定、多くない?

リシ・カプールの話し方、息子のランビール・カプールそっくり。(笑:本当は逆か。)やっぱり家族って似るものですね。貫禄が合っていかにもインドの陽気なお父ちゃんって感じです。

キロン・ケールが前半しか出てこなくて非常に残念です。でもイメージ的に前半=花盛り=ママがいる明るい時代、後半=薄暗い雪山の中=ママがいない暗い時代という感じなのかな、と勝手に思ったり。

この作品はインド映画を知らない人にも薦められるなぁ、と思いました。

Fanaa 関連動画@Youtubehttp://www.youtube.com/view_play_list?p=D0AB96E343585DA1&search_query=fanaa


[PR]
by iheart_2 | 2009-12-12 12:53 | Bollywood

未だに「Saifeena」って言うんかい?!

Filmfare Nov 25 2009号を買いました。
b0125888_17571698.jpg


ところで未だにSaifeenaって呼ばれるんですか?もうその呼び方とっくに消えたかと思ったのに。"ブランジェリーナ"の場合はブラピなんかよりもアンジーの方が実権握っている感じなのですが、この2人の場合、上手にボケ・突っ込みのバランスが取れているので、なんとなくそういう意味では違うような気がするのですが。でもサイフが人生経験長い分だけ上手にウィットを効かせてボケたり、怒られたら下手に出て「ゴメン」と言っていたりするので、サイフが上手に実権を握っていると思うのであります、ハイ。

...で、今回のインタビュー、2人同時に受けています。ある意味面白い企画ですね。仲良きことは美しき哉。
それにしてもサイフの長女Saraちゃん、14歳になったのですね....思春期の子を持つお父ちゃんかぁ~。(しみじみ)
[PR]
by iheart_2 | 2009-12-06 18:14 | Bollywood