I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Dostana(2008)

Dostana(2008)
出演:アビシェク・バッチャン、ジョン・エイブラハム、プリヤンカ・チョープラ、ボビー・デオル
オフィシャルサイト : http://www.dostanathefilm.com/
b0125888_22454442.jpg

左からジョン・エイブラハム、アビシェク・バッチャン、プリヤンカ・チョープラ

看護師のサミール(アビシェク)とカメラマンのクナール(ジョン)が眺めの良い男子禁制の部屋を借りるため、「僕らはゲイです!」と言ってしまい、ゲイのカップル(偽)として可愛い雑誌編集者の女の子ネーハ(プリヤンカ)と同居することになり、友だちとして仲良くなるものの、本当はノンケのため悶々と過ごすことになる。(笑)しかし、その子が上司と良い関係になっていくのをみて、2人で妨害しようとするが...?

カラン・ジョハールpresentsでして、カラン監督の「Kuch Kuch Hota Hai」ネタ、「Kabhi Kushi Kabhie Gham」ネタがいろんなところに出てきて「カランさん、ヒドイ!」って感じです。(笑)
「きゃ~いぇめらぺへら~ぺへら~ぴゃ~るへい」(K3Gの"Suraj Hua Maddam")とか、「かびぃくしぃ~かびがむ」をかけながらサミール・ママ(キロン・ケール)がクナールにお祈りをする姿(K3Gのアミタブ妻ジャヤー?ということはアビシェクのママつながり?!)とか、ジョンとプリヤンカがKKHHを観てシャー様&カジョールのダンスのまねをするところとか、ダーマ・プロダクションだからこそできるネタでございましたね。
ただこういう小ネタで引っかかるところが1点:編集長Mが3人の家にやってきたときにかかっていた曲ってOmkaraの曲のような気がするのですが(ビパーシャが踊っている曲?)、これってセーフなのかしら?

本編はとても良くできたコメディです。つい最近までインド国内では同性愛者は刑務所へ送られるほど厳しいところであり、ゲイへの偏見が入っているのは確かですが、ジョンの場合「こんな感じの人いる!」って風でした。(あくまでも本人は役の中の演技でしょうけれど)アビ様は役柄上コテコテのコメディ風のオカマをやっているのがビミョ~。でも彼の演技は面白い。こんな2人が本当にマイアミで並んで歩いていたら「なるほどね~」と勘ぐってしまう気持ちは分からなくもない。ジョンだったら男でも女でも寄っていってしまうよね。

プリヤンカ、さすがミスコン出身だけあってスタイル抜群で格好良い。鍛えている姿も様になっている。しかしネーハの上司役のボビー・デオルのお姿には納得いかないものがあります。バツ1っぽい雰囲気なのは似合っているところが少々寂しいところがある。そういう役柄の人も必要だしね。でもできればもっと格好良い役を探してあげた方が良いのではないでしょうか?

ところでカランさんって...?(と、本人に尋ねると毎回のように怒るよね。失礼しました。)

Dostana Shut Up & Bounce(ジョンが「一人ベイウォッチ」状態:笑)


エンディングの曲、これってこの歌詞でアリなの?と思わざるを得ないのですが、サミール・ママの「息子がゲイだったなんて...ナヒ~ン!!(NOOOO~!!)」の歌です。アビ様のインド服が超似合っていて素敵♪ジョンよりも格好良いとはさすがインド人俳優2世というべきか? >> Maa Da Ladla-(REMIX)
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-29 22:08 | Bollywood

ちょっと寄り道:え~、この人が?

私の観た順番が悪いのかもしれませんが...

この人が
b0125888_21375339.jpg

こうなるとは
b0125888_21411378.jpg

予想が付きませんでした。

ボビー・デオルさん、Jhoom Barabar Jhoomの「Kiss of Love」のダンスがとてもお上手で「すごいぞ、このオッサン!」と思ったのですが。Dostanaのプリヤンカの上司役は「…」でございました。顔が個性的なのかしら?

Kiss of Loveのミュージックビデオ、お金がかかっていてすんばらしい。(本編はまだ未見ですが)
b0125888_2147149.jpg
b0125888_2147972.jpg




参考URL メイキング編 http://www.youtube.com/watch?v=unPr3SG7nuI
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-28 21:48 | Bollywood

アジャイがaを取った理由

ティラキタFilmfareFeminaなどインドの雑誌を購入。
本命はアジャイ&ビパーシャ表紙の2009/10/28号。
b0125888_2102197.jpg

ここのインタビュー記事によると、アジャイが自分の名字Devganからaを取ってDevgnにした理由は、アジャイのお母さんがアジャイの健康を心配して占い師に相談したら改名すると良いと言われた、と勧められて、お母さんを安心させるためにやったそうな。

へぇ~、インドでもそういうことがあるんですね。(徳永英明風改名説大当たり!:笑)
アジア文化圏ってそういうところが似ているのかしらね?

今回のインタビューはAll the Bestの宣伝が大半でLondon Dreamsがちょこっとという感じでした。
ビパーシャの記事は...読んでいないや。(爆)後からゆっくり読みます。
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-25 21:09 | Bollywood

Raincoat(2004)

Raincoat(2004)
出演:アジャイ・デーヴガン、アイシュワリヤ・ライ
参考URL : IMDBhttp://www.imdb.com/title/tt0405266/
Planet Bollywood http://www.planetbollywood.com/Film/Raincoat/

b0125888_21362259.jpg大まかに言うと、勤めていた工場がクビになり、職探しのためカルカッタの友だちの家に泊めさせてもらった男(アジャイ)が昔好きだったが別の男と結婚した女(アイシュ)を雨の中レインコートを借りて訪ね、2人で延々2時間話す映画。(途中色々あるのだが省略:苦笑)

いや~、辛かった。(泣)インド映画として観ちゃいけませんね、これ。なんだったけ、昔フランス映画で主人公2人が延々話し続ける映画がありましたよね?(「真夜中の恋愛論」だったっけ?)そんな雰囲気になってから延々1時間半「アチャ~。やっちまったなぁ。」って感じになったのですが、アジャイファンの端くれとしては最後まで観ましたよ。お互いに過去のイメージを壊さないように本当のことを隠して話を続けるのだけれど、謎が謎を生んでいくのです。それにしても一番最後のシーン、モヤッとしたまま終わってしまって意味不明。つまり大家の話が一番真実だってこと?

アジャイ氏、超普通のインド人青年役でした。過去の恋を引きずる男なのだけれど、本当に普通の役。いつもの格好良さのカケラもなく、普通の役をサラッとやっています。若い頃の不器用な感じも上手に演じていてさすが演技派!といえるのだろうけれど、この延々ヒンディー語の会話2時間は辛かった...。映像を観ても意味がまったく分からないから英語字幕で話を理解する必要があって疲れるx2。アイシュも色々問題を抱える女の役を上手く演じていました。
アイシュは美人さんですね。さすがミスワールド、綺麗だなぁ、と思いました。

けどね~、2度目は無いな。

参考までに↓

[PR]
by iheart_2 | 2009-10-24 21:42 | Bollywood

Love Aaj Kal(2回目)

Love Aaj KalのDVDを観ました。  >> 1回目の感想
今回は英語字幕があったので「ああ、そうか!」と納得することしきり。
一方で改めて観てビックリなところと突っ込みを入れたくなるところも見つけてしまった。

[ビックリしたこと]
オープニングに物語終盤の主人公2人の姿が入っていたこと。
話が分かってから観ると、かなり深刻な場面を挿入してしているのでビックリ。
b0125888_20583057.jpg
b0125888_20584591.jpg

[突っ込みを入れたくなったこと]
最後の"Aahun Aahun"のビデオクリップを細かく観ると突っ込みどころ多し
その1:自分の制作会社Illuminati Filmsのロゴの上で踊るサイフ(笑)
b0125888_2121684.jpg

その2
ターバンサイフの右後ろにインド料理屋のおっちゃんの若い頃役のサイフが映画の看板みたいに描かれている
b0125888_2133519.jpg

[サイフの萌えポイント]
私、けがサイフが好きです。後半のこの顔がそそります。(にやり)
b0125888_2144733.jpg
b0125888_2145682.jpg


いや~、映画ってホント楽しいですね♪また繰り返し観てみたいと思います。ウッホッホイ!
b0125888_2154567.jpg

[PR]
by iheart_2 | 2009-10-24 21:08 | Bollywood

「Love Aaj Kal」DVD到着!

b0125888_14392265.jpg
やっと今日Love Aaj KalのDVDが届いた!
キャ~、嬉しい♪

あとはKaminey, Black, Dil Dhahta Hai, Luck By Chance, Dostanaなど。
アジャイコレクションも増加。(笑)
スラムドッグ・ミリオネアもアマゾンから届いて並べてみるとこんなに沢山。

早速Love Aaj Kalからみたいと思います。

こうやって写真を撮ってみるとなんだかインド映画のお店屋が開けそうです。(笑)
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-24 14:46 | 個人輸入

Salaam Namaste(2005)

「Salaam Namaste」(2005)
主演:サイフ・アリ・カーン、プリティ・ジンタ
参考URL : IMDB http://www.imdb.com/title/tt0456165/

嫌でも覚えてしまう主題歌「Salaam Namaste」


....で、よ~く見たらサイフが演じているインド料理店シェフ・ニックの友だちがアルシャド・ワルシ(Golmaal,Golmaal Returns,Sundayとかに出演している「コメディ・アジャイ」組の人!)じゃないかっ!え~っ、この人、髪が短いとビミョ~。(汗)一見イケメンぽいのになんでこうもビミョ~になってしまうのだろう?こうなったらアルシャドさんは今のロン毛・無精ひげの小汚い系ファッションで大丈夫です。

舞台はオーストラリア・メルボルン。バイトでDJをしているアンバー(プリティ)(本当は医学部の学生、って設定がビミョ~:汗)の担当番組に話題のインド料理店シェフ・ニック(サイフ)が登場するはずが寝坊で遅刻、2人は大ゲンカ。その後なぜか共通の知り合いの結婚式に参加しているときにばったり出会う。ケンカのこともあるけれど、お互いが気になり出す。でも生活のリズムが違う→つきあう時間がない→じゃあ同棲すれば一緒にいられる!(BY ニック)で、一軒家を借りて同棲することに。恋人同士になったが、妊娠が発覚→「堕ろせ!」「嫌だ!もう別れよう!でもこの家の家賃半分払っているから出て行かないわ!!」で気まずいまま同居することに。さてこの2人の行く末は?ってな話。

子どもができたら「堕ろせ!」のニック、最低男役です。(苦笑)でもね、後半になってくると段々相手に合わせようと努力し始める姿が見られるようになってくるところがインド映画ご都合主義。(笑)それにしても保守的なインドでよくこの映画作れましたね。未婚で同棲→妊娠ですよ。ベッドシーンがインド映画にしてはかなりネットリしていてハリウッドなら分かるけれどボリウッドでここまでやりますか。まぁ、そういうのがサイフらしい、といえばそうなんだけれど。
サイフの髪型は短めで大好きなのですが、ファッションはいただけない。赤い革ジャンは許すけれど、ピンクのタンクトップだけはやめてくれ~!車はSwatchのスマートだったのがおしゃれ系気取り?まだこれぐらいなら若作りも許せるかしら、って感じ。でも20代には見えません。(きっぱり)

プリティ、ファッションが可愛い。プリティってインド人と言わなきゃ普通に歩いていそうなキャラ。水着のビキニが微妙(周りの女優さんがセクシー系なのに一人だけ超ビッグサイズなのは?)だったのはインドのお国柄なのかもしれませんが、全体的にかわいい系。色遣いも綺麗。
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-17 21:11 | Bollywood

ちょっと寄り道:London Dreams、さらにDVD購入

「All the Best」が16日から公開でアジャイ&キャストがメディアに出まくりの1週間のようですね。アジャイ曰く「映画製作と同じぐらいプロモーションも大切になってきた」とプロデューサーとしての立場があるようです。で、レビューは「最高」「最悪」と両極端。ロヒット・シェッティー監督路線が好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、と分かれるようです。そりゃそーだよね。

さてさて、10月30日公開予定の「London Dreams」のオフィシャルサイトはこちら

http://www.londondreamsfilm.com/

b0125888_174264.jpg


アジャイが主役のヴォーカリストで、その親友役がサルマン・カーン。ロンドンでバンド活動をしているアジャイ扮するアルジュンがインドに住んでいる親友マヌー(サルマン)をロンドンまで引っ張り出してバンドに加入させ、ツインボーカルにしたら、バンド内の人気も好きな女も持って行かれてジェラシ~、って感じっぽそうですね。インド映画、単純明快で分かりやすい!(笑)
ムッツリ系アジャイ、可愛いです。見た目もロンドン在住の洗練されていながらもインド風(笑)のファッションで大好き♪(ニヤリ)
サルマンって女好きっていうかプレイボーイっていうか予想が付く配役で妙に納得してみたり。この人なぜマッチョ系なんだろう?

ところでこのサイトのBGMのボリューム、どこで調節するんだ?(?????)

BGMの曲「Khanabadosh」


プロモでよく使われている「Barson Yaaron」


「Barson Yaaron」の最後の方にヒンドゥー教のハヌマーン神の名前が出てくるため、保守派の人に色々と言われてる方のバージョン


予告編@Youtube


別件:またまたDVDを大量購入。今回はDVD12枚(アジャイコレクション増加中:笑)、CD5枚(「London Dreams」「All the Best」「U Me aur Hum」「Rock On!!」「Wake Up Sid!」)の計17枚、商品が約60ドル、送料が約38ドル。円高のおかげでこれで約1万円ぐらい。まぁ、そんなものでしょうか。で、届いた途端に「Love Aaj Kal」「Kaminey」が発売開始になったので、さらに追加注文してしまいました。送料高いのにね....しまった。(汗)

で、現在インドはディワリの連休中につき、送られてくるのは少し遅くなりそう。けれど楽しみ♪
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-17 17:26 | Bollywood

ちょっと寄り道:アジャイの腕輪の謎

そういえば、アジャイは最近腕輪をずっとしているようですが、いつから腕輪しているのでしょう?
今日「Omkara」(2006)を見直したら、アジャイの役Omiが腕輪しているではないですか。

b0125888_2302477.jpg
b0125888_2303398.jpg


確かGolmaal Returnsのときも似たようなものつけていたじゃありませんか。(例:カリーナにタトゥーシール見せているところ)これってアジャイ私物なんですかねぇ?ところで最近はどうしたんでしょうね、やっているのでしょうか?と思ったらAll the Bestでつけていた模様。(アジャイはピンクTです。ちょっと痩せちゃったよねぇ~。)

b0125888_23122986.jpg


GRとATBのは一緒だと思うけれど、Omkaraのとは違うような。う~ん、誰か教えて!
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-12 23:15 | Bollywood

Rock On!!(2008)

Rock On!!(2008)
ファルハーン・アクタル製作・主演。
OSO」のムケーシュ(阿部寛系プロデューサー役)のアルジュン・ランパルがFilmfareで助演男優賞を受賞した作品。

参考URL: http://www.imdb.com/title/tt1230165/

予告編


ファルハーン・アクタル、シャールク・カーンの「Don」の監督さんです。本作品で俳優デビュー&インドでは珍しく俳優自ら歌っています。東京国際映画祭で上演予定の「Luck By Chance(チャンスをつかめ!)」にも主演しています。

大まかにあらすじを言うと、10年前Magikとしてバンド活動をしていた4人はデビュー直前で方向性を巡って解散、その後バラバラの道を歩いていた。ドラムのKDがボーカルのアディヤの妻と出会ったことをきっかけにまた4人が出会い、バンド活動を始めてChannel Vのコンテストに参加することになる。しかし参加するにはギターのジョー、キーボードのロブにはある個人的な問題がぁ~、てな話。

とても良くできた作品。題名が題名だけにロックバンドの話なので、いわゆるダンスと歌とラブコメというインド映画の王道という作品ではない。けれど日本でもアート系だったらきっと受けると思うから公開したらいいのに~、と思う。「Luck By Chance」が公開されるのならついでにお願いです。だって日本公開作品を2つも持っているファルハーン・アクタル作品ですよ!どこの会社でも結構ですから是非是非。

ちなみに2枚組を買ったのですが、1枚目は本編でチャプター、歌、字幕機能付き。2枚目が面白くて、メイキング、「Pichle Saat Dinon Mein」のミュージックビデオ(本編にはないオリジナル)、削除シーン、映画に登場する歌のカラオケ(!)、映画・サントラに登場するバンドのライブ映像+他の映画の予告編付き。
カラオケ、凄いですよ。ちゃんとファルハーンの歌っているところの音が小さくなっていて字幕が出るんですよ。これを何回も繰り返せばヒンディー語の練習になるかしら?(意味が分かっていないと駄目だけれどさ。)
b0125888_18133844.jpg


[おまけ] 助演男優賞のアルジュン・ランパル
10年前Magik時代 かなりの男前
b0125888_1814591.jpg


その10年後、閑古鳥のギター教室の先生になると...かなりのむさ苦しさ
b0125888_18154883.jpg


ちなみにKD役の人、けっこうドラムが叩けるのかな?と思ったらメイキングで「ずっと練習してできるようになった」と話していて凄いなぁ、と感心。ファルハーンはかなりライブ慣れしている感じ。観客の煽り方が本物っぽい。

ロック好きな方は機会が有れば是非この映画を見てください。そのためには是非日本公開を!
[PR]
by iheart_2 | 2009-10-12 17:58 | Bollywood