I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Omkara(2006)

Omkara(2006)
出演:アジャイ・デーヴガン、サイフ・アリ・カーン、カリーナ・カプール、ヴィヴェク・オベロイ、ビパーシャ・バスー、コンコナ・セン・シャルマほか
参考リンク
Omkara 予告編@Youtube | IMDB "Omkara(2006)" | ティキラタ OmkaraのDVD

b0125888_23315568.jpg


シェイクスピアの「オセロー」のインド版といわれる作品。一気にアート系に突入。

主人公Omkara(シェークスピアでいうところのオセロ)はアジャイ・デーヴガン、浮気したと思われて殺される妻Dolly(デスデモーナ)がカリーナ・カプール(へぇ~)、サイフはOmkaraの腹心だったが、部下の昇進に嫉妬して復讐するLangda(イアーゴー)役。

設定は現代だったのですね。最初気付きませんでした。(爆)バスやバイクが出てきたから「ああ、そうなのね」とやっと気付く次第で。基本的には「オセロー」の流れと一緒。人物名がインド風になっていて、浮気の証拠がハンカチではなく腰飾りとインドらしくなっているぐらい。

サイフの演技、凄いです。淡々と嫌な感じに復讐計画を進めていく雰囲気が怖い。丸刈り頭にヒゲで強面になっていて、いつもの二枚目金持ちボンボンキャラと正反対。こういうことも出来るんだ、と感心。嫌な感じに立ち回ったり、手のひらを返したように立場をころころ変えて話す態度も似合っている。上手いよね。

カリーナ、言われてみれば確かに色が白い。そうか、女優さんって結構色白系なんだ。主役のアジャイ・デーヴガン、渋いねぇ~。サイフとそんな変わらないっていうのに...。(爆)ヴィヴェク・オベロイって可愛い系なのかしら?ゴツイ面々の中では可愛く見えてしまう。こんな面じゃあサイフ扮するLangdaが嫉妬するのも無理はない。ビパーシャは踊り子さん役が可愛い。今では健康的セクシー路線ですが、この頃は直球のセクシー路線まっしぐら時代で踊りが格好いい。コンコナはきっと将来歳を取っても生き残っていけるだけの何かがあります。彼女は「顔で売っていません」って感じ。

初心者向けではないけれど、ある程度インド映画を見たことがある方にはお薦め。これを見ずしてインド映画好きとは言えないぐらい2000年代のインド映画史上はずせない映画だと思います。
[PR]
by iheart_2 | 2009-08-30 11:33 | Bollywood

Thoda Pyaar Thoda Magic(2008)

「Thoda Pyaar Thoda Magic」(2008)
ジャンル的にはファミリー向けファンタジー映画、ですかね。
「Hum Tum」「Dil Bole Hadippa!」のラニー・ムケルジーが出ています。
「ちょっとの愛とちょっとの魔法」という意味らしい。

あらすじ:会社幹部のランビール(サイフ)が交通事故で夫婦を殺してしまい、1年後デリー高裁が下した判決が「夫妻の遺児4人を18歳になるまで育てること」だったため、子ども4人を受け入れるが、4人は両親を殺した男が憎いのでなかなかうまくいかない。それを見かねた神様がおてんば天使ジジ(ラニー)を乳母として派遣したところ、彼女を通じて皆が心を通わせていく...、ってところでしょうか。ジジは天使なので魔法が使えるため、このお話自体何でも有りの世界。よってインド映画のハッピーエンド主義に共感できる方にお奨め。

ラニーが超カワイイです。彼女の笑顔を見ていると気分が明るくなってほのぼのする。こういう明るいキャラの人って貴重だと思います。頑張れ、ラニーちゃん!

子ども4人の演技も素晴らしい。インドにもこういう子役スターとかいるのでしょうか。おにいちゃん役の子が頑張っていたけれど、他の3人もかわいらしかった。一番下の子もしっかりしている。

サイフ、この人はミュージカル系?と思った。ユニバーサルスタジオで踊っている時のを見ると、いわゆるボリウッドダンスよりもミュージカル寄りかな?と。「Love Aaj Kal」のプロモーションビデオでは「僕はダンス苦手なんだ」と言っていたけれど、インドの俳優さんって演技の他にダンスもしなくちゃいけないから大変だなぁ。
この映画でパパキャラ(?)をやっていましたが、似合うよね。是非また機会があればこういう手のものをやってください。

お色気担当の方、かわいらしいのだけれど華原朋美入っているな、とふっと思ってしまったり。ファミリー向けでもインド映画の定番はちゃんと入っているのね~、というのも面白い。
(そういえば朋ちゃん消えましたね....。)

今日のはてな?:ユニバーサルスタジオのハンカチ回しダンス、インドでは何か意味があるのでしょうか?Hadippaでもやっていたし。
教会で靴を脱ぐのってインドの風習でしょ?これを知らないと笑えない。

今日の言葉:「ランビールとジジ、ジジとランビール、ラーブラブ!」(笑)

「Thoda Pyaar Thoda Magic」予告編


"Nihaal Ho Gayi" ユニバーサルスタジオでダンス。この場面が一番好き!

[PR]
by iheart_2 | 2009-08-30 10:39 | Bollywood

Tashan(2008)

2008年公開作品「Tashan」

サイフの他に「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシェイ・クマールが出ているのね。あとサイフの彼女のカリーナ・カプールとその変な上司役にアニル・カプール。

2008年は「ひげサイフ」が続きます。サイフはプレイボーイ・キャラで売りたいのでしょうか。Tシャツ&チノパンという若作りファッションはそろそろ自分の年齢を考えた方が...ってよけいなお世話か。確かに格好良いからまだ良いのだけれど、1年後の「Love Aaj Kal」になると「40前でそれはそろそろやばいかもよ?」になるのですから要注意です。

今回カリーナが「カワイイ顔して何考えていることやら」悪女系でして、こういう役、結構好きです。アッキーことアクシェイ・クマール、この人ってお笑い系のアクション俳優になりたいの?アクションシーンは超格好良いけれど、普通の場面だといじられキャラですね。(←「アミタブ・バッチャンって言っておいたから」)アニル兄貴はこの映画でも変な役でした。それでもアカデミー賞俳優か?!

でもサイフが出ている映画ってある意味インドっぽいようでインドらしからぬようなところもある映画だったりして、定点観察対象としては非常に面白い。サイフの英語の発音、綺麗にしようと思えば綺麗にできるのに今回の英語教師役ではちょっと訛っている喋り。(イギリスのパブリックスクールに行っていたみたいですね。帰国子女のお坊ちゃまだったのか!)

「Tashan」の最大の見所:サイフ、アッキー、カリーナ3人の80’sコスプレ踊り(笑)

[PR]
by iheart_2 | 2009-08-29 17:18 | Bollywood

Race(2008)

現在、サイフ・アリ・カーン祭、絶賛実施中。

サイフの2008年のヒット作「Race」。スーツ・グラサン姿、超格好良い!こういうヒゲ・スーツのチョイ悪オヤジ系が似合うのって良いですね。
話自体はサスペンス系、と言って良いものか。保険金を巡って美男・美女入り乱れての騙し合い合戦、って感じですね。サイフの弟役のアクシャイ・カンナ氏、マシュー・ペリーに似ている。カトリーナ・カイフのダンスシーン、何故かセリーヌ・ディオンに見えて仕方がない。ビパーシャ・バスーが一番美味しい役だった、と。
それにしてもなぜ「シリアスっぽいのにお笑い担当」みたいなものを入れるんでしょう?ていうかアニル兄、なぜボケ役みたいな役が多いのだ?(「Tashan」も変だった。)

映像自体は金かかっているな~、と思う反面、「オイオイ」というところも。
冒頭の「危険を求める男」の説明部分(サイフが変なスタントショーをやっている)、正直な話、いらない。ネタ晴らし前の主題歌ダンスはあまりに唐突でビックリ。これでエンディング、と思ったらまだ続くものだからさらにビックリ。(主題歌自体は格好良くて好き。濡れサイフも全然OKです。ギター弾いている姿は超格好良い。)
最後のレースは妙に長いし、「?」なところもあるし。

そういう意味を考えずに「格好良かった!超面白かった~!」と言えるようになれば一人前かしら。

主題歌 "Race Saanson Ki"

[PR]
by iheart_2 | 2009-08-29 16:37 | Bollywood

Love Aaj Kal(2009)

Love Aaj Kal(2009)
出演:サイフ・アリ・カーン、ディーピカ・パドゥコーネ、リシ・カプールなど
Official Site : http://loveaajkal-illuminatifilms.erosentertainment.com/

b0125888_1757996.jpg


Love Aaj Kal:Twist(Remix)バージョン予告編@Youtube(キスシーンの反応が単なるスケベオヤジ!:笑)
Chor Bazaari Song Promo
Aahun Aahun (song promo) ターバン・サイフが見られます。ファッション的にやっぱり萩原流行?
Dooriyaan song promo

ミュージックビデオのメイキング >> Twist(Remix) | Chor Bazaari | Aahun Aahun | Dooriyaan

Love Aaj Kal関連@Youtube 再生リスト
>> http://www.youtube.com/view_play_list?p=EAAD4A28CBD1B68C

配給会社がYoutubeに全部流してくれるとは便利な世の中になったものよね~。すっごい面白くてPCの前にずっといたりして。(オイオイ:汗)

大まかなあらすじ:ロンドン在住の建築家ジェイ(サイフ)は美術修復の勉強をしているミラ(ディーピカ)と出会い、つきあい始めるが、ミラの仕事先がデリーに決まったことから仲良く別れて友だちになる。別れてからも連絡を取り合っていた2人だが、お互いに新しい恋人ができ、ミラが結婚することになった。結婚式の日にミラは裏庭にジェイを呼び出したが、ジェイが「これでいいんだよ」と捲し立ててそのままミラは結婚。ジェイはサンフランシスコに転職し、順調に思えたが、すべてが空回りし始める。路上で強盗に遭い、それがきっかけでミラへの本当の気持ちに気付いたジェイ君。いつも恋愛相談にのってもらっていたインド料理屋のシーク教徒のおっちゃん(リシ・カプール)のアドバイスに従い、ミラを探しに行くと、彼女は別居していた。仕事先で彼女を見つけ、お互いの気持ちが1つになった...。めでたしめでたし。(はて、本当か?)

感想:この映画のセリフ、舞台がロンドンとデリーという設定からか、ヒンディーと英語が中途半端に混じっているのが耳障りで聞く方としても中途半端。でもヒンディーはまったく分からなかったから少しは助かった。
 ジェイ(サイフ)の最初の無責任男ぶりは「いるいる、こういう奴」なのだけれど、だんだん自分の気持ちに気付いていくところにどんどんひき込まれてしまい、後半の泣きべそかいてインド料理屋のおっちゃんに電話しているシーンなんて超カワイイ!(そういう私はSですか:笑)
相手役ディーピカちゃんのファッションもとても可愛い。引っ越したときの家具とかもおしゃれで木製のチェストが気になった。映像自体、綺麗でかわいらしい恋愛映画だな、と思いました。それにしても途中でミュージカル状態になるのはさすがインド映画だなぁ、とも。(笑)
....しかしジェイの途中からできた新彼女(ビデオクリップの白いドレスの金髪ねーちゃん)って何人の設定やねん?(「わたし、たーじまはる、みたい!」なら私でも言える。:爆)
それにしてもインド料理屋のおっちゃんの回想シーン(舞台はデリー&コルカタ)では若い頃のおっちゃんをサイフが演じているのだけれど、ターバンを巻いた姿が...年相応だなもし。(爆)でも結構似合っていました。

現在サイフの作品を調べ上げて各方面に発注かけています。
「Tashan」「Race」は届いたので1枚ずつ楽しんでいこうと思います。
ひげサイフ、好みなんだよな。うっしっし。なんでLAKプロモーション中にひげそっちゃったんだか。

というわけで、しばらく「サイフ・アリ・カーン祭り」にお付き合いいただければと思います。
[PR]
by iheart_2 | 2009-08-25 00:50 | Bollywood

なぜかはまってしまったインド映画:

なぜかインド映画にはまってしまいました。(笑)
理由は、8月にインド旅行したときに見たMTVで流れる映画の予告編攻撃にやられてしまったから。

そんな私のド直球にはまったのが現在インドで「Love Aaj Kal」が絶賛(?)上映中のSaif Ali Khan(サイフ・アリ・カーン)。Wikipediaの写真だとウッチャンナンチャンのナンチャン系(爆)ですが、動いている映像を見るとちょっと陰がありそうなレイフ・ファインズ系2枚目俳優。イメージ戦略的にはプレイボーイっぽいけれど単なるスケベオヤジぽくもあり、「本人的には2枚目半~3枚目を狙うのかしら?」的な雰囲気で、鑑賞用オヤジとしては超カワイイ!

b0125888_1812678.jpg

「Lave Aaj Kal」の感想はこちら

なお今回のインド旅行中、他にも見たい映画があったんですよね。
「Dil Bole Hadippa!」のShahid Kapoor君も好みだったり。(相手役のRaniさんも綺麗)



でも同じShahid君でも「Kaminey」は作品自体が難しそうな雰囲気。



さあ、どうする自分?!
[PR]
by iheart_2 | 2009-08-25 00:07 | Bollywood