I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

カテゴリ:その他( 27 )

Being Humanというと...?

ちょうど1年前の今日はこんなネットをしているゆとりはなく、まだ仕事場にいたことを思い出す今日のテレビ番組ラインアップでございます。

さて、本題。最近BBCの"Being Human"というドラマを見ています。主演がBBCのドラマ"Sherlock"S2「The Hounds of Baskerville」にゲスト出演していたRussell Toveyが人間的に面白そうで(ちなみにDoctor Whoにも出ていた)、"Sherlock"で主人公の兄マイクロフト役でレギュラー出演(&番組制作者)しているMark Gatiss(ご本人がシャーロック+歴史おたく&ポール・スミス好きで非常に面白い)がゲストで出演する、とのことで色々情報を探していたのです。

Sherlock S2E2 - The Hounds of Baskerville(冒頭の依頼人がTovey氏)


Being Human - Series 4 Prequel - The Old Ones(一番最後にGatiss氏が特殊メイクでご登場)


注:BBCのiPlayerはリージョン制限があるため、日本では観られません。興味のある方はDVDでどうぞ。

そうしたら、懐かしい情報が一緒に入ってきました。



ああ、そうだった。サルマン・カーンのチャリティー名、同じ名前だった....。
(ええ、今回はそれだけです、ハイ:苦笑)
[PR]
by iheart_2 | 2012-03-11 20:33 | その他

本年もよろしくお願いいたします。

秋の東京国際映画祭以来、まったく更新しておりませんでしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近はBBCのドラマ「Sherlock」第2シリーズのネタバレに走っていて、インド映画を観ておりません。(爆:しかもついにTumblrに手を染めてしまった....。)

けれどインド映画で観たいのは色々あるんですよ!
シャールク・カーンの「Don 2」はもちろん、そろそろDVDが出た「Dhobi Ghart」も観てみたい。
そろそろリティク&プリヤンカ&カトリーナの「Agneepath」もプロモーション始まったし、アジャイ様の新作「Tezz」は英国ロケですのよ!で、カーアクション有り、ヴァージン鉄道乗っ取り(ロンドン・ユーストン駅発北西部地方行き。学生時代に乗ったことあるので嬉しい!)もあり、アニル・カプール有り(?)で楽しみです。

スーパースターラジニ様の「ロボット」は5月に日本公開決定だそうで。踊るマハラジャとは違うという点を強調していただきたいのだが、きっと無理。(爆)でも日本で日本語字幕で観られるのはラッキー。

てなわけで、サイフのお父様が亡くなられてついに王子が王様になってしまい、なかなか新作が公開されませんが、今年もマイペースに更新していこうと思っております。よろしくおねがいします。
[PR]
by iheart_2 | 2012-01-14 23:35 | その他

♪kiss kiss

最近寄り道ばかりです。ついに飽きたか?(笑)

高橋由佳利さんの「トルコで私も考えた」を読んでいたら、トルコの男性歌手タルカンの話が出てきて急に聞きたくなったので探してみた。



おや、これは聞いたことあるぞ!確か女性でカバーしている人がいたはず...で見つけた。



両方ともセクシー系で♪kiss,kissの部分は同じなのですが、タルカン様って....どうもリッキー・マーティンの匂いがプンプンするのですが....。ゲイなのかノンケなのか不思議な感じです。
[PR]
by iheart_2 | 2011-10-02 23:24 | その他

9/5のGoogleトップ



キャ~!フレディ・マーキュリーだ!!生きていれば65歳だったんだ。
このアニメ、小ネタが色々仕込んであって面白い。いいねぇ~。

...てなわけで、こういう手の顔が好きなんでしょう。(笑)
[PR]
by iheart_2 | 2011-09-05 19:55 | その他

え~と....。近況報告になるのかしら?

現在、アジャイ様&エムラーン・ハシミの"Dil Toh Baccha Hai Ji"を観ようとしているのですが、アジャイ様のニヤケ顔&ボーっとした恋する乙女顔を見ていると、こちらが恥ずかしなってしまってなかなか進めません。(爆)

よって映画の感想等についてはしばらくお待ち下さい。
お待ちいただけない場合、こちら↓を観て先にお楽しみ下さい。

http://youtu.be/tfkO3QmdUiQ


凄いよね、最近のインド映画業界。配給元がさっさとYoutubeにフルバージョンをアップしちゃうんだもの。
[PR]
by iheart_2 | 2011-06-26 15:42 | その他

ちょっと寄り道:劇団新感線「港町純情オセロ」

港町純情オセロ

劇団新感線の「港町純情オセロ」東京公演(@赤坂ACTシアター)を観てきました。
原作はシェークスピアの「オセロー」ですが、本作では舞台を1930年代の日本・関西地方の港町のヤクザの世界という設定。劇団新感線の看板俳優である橋本じゅんさんが主役のオセローを演じていらっしゃいました。新感線ならではのお笑いの要素も入りつつ、人間の悲哀も取り込んでいて良かった。

観劇に興味のある方は5/15までですので、是非是非。

さて、「オセロー」といえば、インド映画でもオセローを題材にした「Omkara」がございます。
Omkara版は現代のインドの片田舎のヤクザの抗争、という設定でちょっと似ているところあり。

改めて観てみたところ、Omkara版のイアーゴー役ラングダ(サイフ・アリ・カーン)の台詞回しがかなり少ない。新感線バージョンでは田中哲司さんの伊東がイアーゴー役だったのですが、しゃべりまくっていて「あれ、こんなにしゃべっていたっけ~?」と思って、シェークスピア版を読んでみたら...なるほど、新感線バージョンの方が原作寄りだったのね。

あと、肌の色の話だけれど、新感線バージョンでは橋本じゅんさんがブラジル人・日本人のハーフということで色を黒めにしていたけれど、Omkara版では"濃いめ"のアジャイに色の白いカリーナを組み合わせて対比させている。

同じ原作でも表現の仕方って色々なのね~、と思いました。実に面白い。
[PR]
by iheart_2 | 2011-05-08 11:44 | その他

東北地方太平洋沖地震

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、お見舞い申し上げます。

自分は昨日の3時頃、関東地方にある職場にいたのだが、震度5の本震が過ぎた後、TVが見られない&携帯が手元にないまま一時避難し、4時半まで不安な時間を過ごした。その後荷物を取りに戻れたのだが、未だに余震が続いてなんだかフラフラする。私は徒歩で帰宅できる範囲内だったけれど、鉄道利用者の方は本当に大変だったと思う。
自宅は本棚がひっくり返っていてグチャグチャだったけれど、水道もガスも電気も使えるから恵まれている方だ。

でも一番大変なのは震源地に近く、津波の被害に遭われた方だと思う。同じ余震の感じ方にしても私の感じ方なんかよりももっと怖いと思う。慣れていない場所で水・電気・ガスのない生活はかなりのストレスだろう。

TVで何度も繰り返し流される津波の映像を見て、スマトラ沖地震のときにメールの返信が全くなかったスリランカ出身の先生のことを思い出した。
彼女はスリランカに帰省中、結婚式に出席してホテルにいたときにスマトラ沖地震に遭い、ホテルの従業員の「逃げろ」との声でホテル屋上に上がったところ、彼女たちがいたパーティー会場が水に呑まれていたそうだ。無事逃げ延びて日本に戻って来れたけれど、今回の津波もまさにあっという間だったのだろう。
今回の地震で自然の脅威を改めて感じた。

それにしてもむかつくのが、レポーターにむかって
「それってもしかして遺体が浮かんでいるのですか?」
「こちらからは何とも言い難いのですが、漂流物が...」
「ひょっとすると遺体かもしれないのですね」
「まぁ、そんな可能性もありますね」
と、誘導尋問する某アナウンサー。そんなにスクープが欲しいのか、って。

皆様が無事でありますように。

(...と書いている途中で地震が。いや~、揺れる....。)
[PR]
by iheart_2 | 2011-03-12 23:15 | その他

本日のデーヴァナーガリー文字:アクシャイ・カンナ

本日のデーヴァナーガリー文字は予定変更でカンナさんです。

アクシャイ・カンナ akshaye khanna > अक्षय खन्ना

カンナさんのお名前のksh(क्ष)が非常に難しかったです。だからアクシャイ・クマールも同様に難しいんでしょうね。だからアッキーには手を出しません。(笑)

b0125888_214189.jpg

それにしてもカンナさんは演技が上手い!Aakroshではアジャイのパートナー役(年下なのに暴れるアジャイ氏を上司みたいに押さえる役も)でしたが、つくづく行動が惚れてしまうやろ~、と叫んでしまうぐらい格好いい。(いや、本命の彼が隣にいるので叫びませんが。:笑)
でも笑い方は引きつり笑いなのが少々残念。
b0125888_20575082.jpg

Raceのときも引きつり笑いしていましたよ、カンナさん。ほらね。↓
b0125888_2112433.jpg

カンナさんぐらいの薄さ(見た目ですよ。え?髪の薄さは言っていないですよ、ええ。)なら日本人にいても全然オッケーなんですけれど、いかがでしょうか?
b0125888_21102677.jpg

[PR]
by iheart_2 | 2010-11-01 21:11 | その他

本日のデーヴァナーガリー文字:ラニー・ムケルジー

本日のデーヴァナーガリー文字:ラニー・ムケルジー

Rani Mukherjee > रानी मुखर्जी
b0125888_21382177.jpg

ムケルジーのところが mukharjii= मुखर्जी になっていて、r(र)の発音がj (ज)の上に隠れてrjii (र्जी)になるという変則技。

いや~、デーヴァナーガリー文字は奥が深い。

それにしても最近ラニー様はどうしているのでしょうか?ヴィディヤ・バランとのNo One Killed Jessicaの製作は無事進んでいるのでしょうか?元気でいると良いのですが。

次回のデーヴァナーガリー予告:せっかくなのでヴィディヤ・バランの名前を書いてみようと思います。

<つぶやき>
現在アジャイ&カンナさんのAakroshを見ようと試みているのですが、ビパーシャ登場シーンになると画面が固まる。(泣)なので半分見で今日の所は勘弁してやろう。(?)この映画、アジャイは渋いしアクションシーンが多いけれど、カンナさんの方が結構格好いい。ていうか、カンナさんが普通のエリートの人をやること自体がめずらしい。(大抵一癖あることが多い)なお、パレーシュ・ラワルさん(Atithi~のお節介おじさん)がだんだん悪役時代の伊東四朗に見えてきました。(苦笑)
それにしても何故アジャイ&ビパーシャの幸せ回想シーン以降見られないのだ~。(泣)
↓のあたりは暗い2人ですね。
b0125888_2135299.jpg
b0125888_2135146.jpg

なお今回の映画でなんとなくわかったヒンディー語はカンナさんがパレーシュさんにぶち切れて「あんた嘘言ってるだろう!」と叫んでいるところと、パレーシュさんの「今日の所は帰ってください、ねぇ、帰ってくださいね!」とあしらっているところ、アジャイとビパーシャの「君は嘘をついている」「いいえ、なぜ私が嘘言っているのよ」ぐらいでした。(嘘つき呼ばわりばかり・・・)時々変なところが英語なんだよね。「He's dead.」とか。
ヒンディー語上達への先は長いぞ~。
[PR]
by iheart_2 | 2010-10-31 18:47 | その他

本日のデーヴァナーガリー文字:リティク・ローシャン

本日のデーヴァナーガリー文字

Hrithik Roshan →Ritik Roshan = ऋतिक रोशन

<今日のポイント>
え~、リティクですが、リシケシュのR ऋ を使うんですね。
あと、英語表記だとHrithikなのですが、デーヴァナーガリー文字のローマ字だと、Ritikになっているんですよ。何故英語になるとtではなくthで表記するのかが不明。

そのリティク&アイシュワリヤの11月公開予定の新作Guzaarish。ハビエル・バルデムの「海を飛ぶ夢(The Sea Inside)」っぽい感じの映画らしい。(車椅子つながり?)


ちなみに「海を飛ぶ夢」はこんな感じ


Bollywoodでここまで暗い話題をパクることができるかどうかは謎ですが、雰囲気は似ているのかな。
[PR]
by iheart_2 | 2010-10-21 21:07 | その他