I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

カテゴリ:Bollywood( 104 )

Peepli [Live](2010)

Peepli [Live](2010)
@New Delhi DT Star Cinemas Saket

Official site:http://www.peeplilivethefilm.com/



Peepli村に住む、借金を抱えた貧しい農家の兄弟が地元の政治家に相談に行ったところ、「南の方で自殺して政府からお金をもらった奴がいるらしいから死ねば?」と言われ、「お金がもらえるなら、じゃあ俺自殺するよ」と家族も仕事もないプー太郎の弟が死ぬことに決まった。
それを村のチャイ屋で話していたのを聞いていた新聞屋の若いお兄ちゃんが記事にしたところ、メディアは集まるわ、そんな話をしてしまった政治家も金を払わなくて良いように慌ててTVと井戸のポンプを持ってやってくるわ、メディアが放送したせいでまねする奴が出ないかどうか政府もあたふたして国家レベルまで話が飛んで大騒ぎになる。メディアはいかにスプークを出し抜くかで村中を巻き込み、時にはネタをねつ造してスクープ合戦。
弟は動きを一部始終を全国放送され、警察にずっと警備をされていてトイレも一人で行かれない。さて、弟の運命はいかに?本当にお金は支払われるのか?

タイトルは「ピープリ村から生中継」とかそんな感じ。アーミル・カーン(「3 Idiots」)のプロダクションが作っているので普通のインド映画っぽくなくインテリ風。
いや~、セリフが分かったらどんなに面白かったか、と悔しがりながらも非常に興味深い映画でした。メディアっていかに自分の局がスクープを取ってくるかに必死な様子ってインドだろうが日本だろうがどこでも一緒だな、と。あとインドらしいのが人が集まるところには屋台も集まるってのも面白い。

すべてが終わった後の村の様子は現代の格差を表しているようで皮肉に映ります。

絶対DVDが発売されたら買って字幕付きで観て笑うぞ~!と決意いたしました。

そうそう、唯一ヒンディー語が分からなくても笑えたネタは、ヒンディー語のニュースチャンネルのデスクでの話。

「今日の芸能ニュース、どうしましょう?」
「サイフ・アリ・カーンが謎の女性と歩いていたらしいっすよ?」
「いいね~、サイフ・アリ・カーンと謎の女性。一方でカリーナは?で行こう!」

オイオイ、本当にインドの放送局であり得そうで笑ってしまうんだけれど。
そういえばFilmfareとかCineBlitzとかの映画雑誌のゴシップ欄なんてそんな話ばっかり・

おまけ:
1.このSaketの映画館、席に座ったら、
「おはようございます。ご注文はありますか?」
と係の人が席まで聞きに来てビックリ。
自分は断ったのだけれど、前の方の席に座っていた女の子2人組がポップコーンを注文してその場でお金を払っておつりをもらっていた。日本にはないシステムだったので、へぇ~、と思いました。

2.アジャイ氏の「Once Upon A Time in Mumbaai」は公開から1ヶ月経ったので、そろそろ打ち切りモードにつき、観られませんでした。(泣)
アジャイ氏&カンナさんの新作「AAKROSH」の予告がTVでやっていて、ハードボイルド系で超渋いっすよ!


[PR]
by iheart_2 | 2010-08-29 23:30 | Bollywood

Lafangey Parindey(2010)

Lafangey Parindey(2010)
@New Delhi PVR Priya

出演:ニール・ニティン・ムケーシュ、ディーピカ・パドゥコーン
Official site : http://www.yashrajfilms.com/microsites/lp/index.html
You Tube再生リスト: http://www.youtube.com/view_play_list?p=EFB7392C13353646



大まかに言えば、ムンバイの下町に住んでいるギャング団で賭けボクシングの選手をしているナンドゥ(ニール)と盲目のローラースケートダンサー、ピンキー(ディーピカ)がダンスでペアを組んでオーディション番組に出演して優勝を目指すというもの。でもナンドゥがピンキーに近づいたのには理由があり、ピンキーが盲目になったのにも理由がある。それは映画の冒頭ですぐ明らかになるのだけれど、詳しくは詳しく解説されてる他のサイトさんを参照してくださいませ。

あっという間に謎が解明されてインド映画にしては地道に話が進みます。ダンスシーンは多分ダブルではなくて本人達がやっているようなのですが、地道に努力を重ねて凄いことをサラッとやってしまっています。あまりの自然さに何の違和感もなく観ていたけれど、後々考えてみると「これって相当練習しているよね?」と衝撃を受ける上手さです。
なので、いわゆる派手なボリウッド映画っぽい盛り上がりに欠けるところがあるけれど、最近のボリウッドってヨーロッパ的な地味に丁寧な作りをするところも増えてきたのでその影響かもしれません。

夏休み最後の週の映画としてはジョン・エイブラハムの「Aashayein」、コメディ「Hello,Darling」が公開されていますが、Lafangey Parindeyはボリウッド初心者でも安心して観られる映画ですので、今からインドに行かれる方、もしくはインド人街でポスターを見かけたら見てはいかがでしょうか?

おまけ:ジョンの「Aashayein」、一番苦手な死にネタかも...。
「あと90日しか生きられなかったらどうしますか?」的っぽい。
映画館で観なくて良かったかもしれない。

[PR]
by iheart_2 | 2010-08-29 23:00 | Bollywood

今観たいBollywood | 2010 夏公開

今、観てみたいBollywood映画がわんさか登場。何故日本で韓国ドラマは地上派でも放映されているのにインド映画は公開されないのか...。(泣)

1.Kites


「Jodhaa Akbar」からお久しぶりのリティク主演映画。気を抜くとインド人なのに、動いている姿は超カッコイイのはさすがリティク様、とでもいうべきか。

2.Raajneeti


アジャイにアルジュンにランビールにカトリーナにナーナー・パーテカルにナッスルディーン・シャーとか登場の豪華メンバーによる政治映画。完成披露会には出席したのに映画の宣伝&プレミアには登場しなかったアジャイ氏、今そんなにお忙しいのでしょうか?

3. Once Upon a Time in Mumbaai


これも夏公開のアジャイ&エムラン・ハシミのヤクザ映画。
ということはアジャイ氏、多忙かもしれません。

4.I Hate Luv Storys


ソナム・カプール&イムラン・カーンの恋愛コメディ。ソナムが超可愛い♪
サントラが大好物のVishal&Shekhar!!

あ~、観られるのはいつになることやら。
[PR]
by iheart_2 | 2010-06-05 13:03 | Bollywood

Cash (2007)

Cash (2007)
出演:アジャイ・デーヴガン、ザイード・カーン、リテーシュ・デーシュムク、スニール・シェティ、エーシャ・デオル、ディア・ミルザ、シャミータ・シェティなど
参考URL : http://www.imdb.com/title/tt0872190/

南アフリカを舞台にしたダイアモンドを巡る奪い合いの話。シリアスっぽくしようとしているのですが、どう見てもコメディでしょ?と突っ込みを入れたくなりました。てゆっか、コメディだよね?!
まずリテーシュ+ザイード+エーシャの三角関係は笑いのツボだし、アジャイ君の動き・表情は「Golmaal」系。ディア・ミルザが超可愛い。シャミータ・シェティのお姉さんってシルパ・シェティでしょ?ってぐらい似ている。スニール兄貴はいつものシリアスヤクザ系キャラでアジャイ君達窃盗グループとバトルっているのですが、なんかここのシリアスぽいところとお笑いのところのバランスがむずかしかったのでしょうか?ってぐらいうまくいっていない。
さらに腹立つことに途中から英語字幕がなくなったところがあったんですけれど!リテーシュの窃盗シーンあたりから10分ほどセリフの意味分かりませんでした。ったくもう。
実写にアニメを入れるのってこの頃はやっていたのでしょうかね。アジャイ君はアニメでも「おお、これはアジャイ君だ!」と分かったのですが、リテーシュはあまり似ていなかった。ザイードはまぁそんなもんじゃないの。

あと分かったこと:私は「リテーシュ・デーシュムク>ザイード・カーン」でした。リテーシュとかシュレヤス・タルパデーみたいな方がザイートみたいなモデル系よりも好き。(でもジョン・エイブラハムは大好き)

ということで、長髪系アジャイ君鑑賞としては非常に美味しかったのですが、映画の興行成績がポシャったのには納得の内容でした。(苦笑)
b0125888_23431686.jpg

[PR]
by iheart_2 | 2010-03-30 23:40 | Bollywood

Guru(2007)

Guru(2007)
出演:アビシェク・バッチャン、アイシュワリヤ・ライ、ビディヤ・バランなど
参考URL : http://www.imdb.com/title/tt0499375/
http://en.wikipedia.org/wiki/Guru_(2007_film)

インドの田舎からトルコへ修行に行き、ビジネス感覚を学んだ青年Guru(アビシェク)がインドに帰国してポリエステル業界の帝王になっていく話。後半からはいろんな恨み・辛み・違法行為を重ねたことから晩年裁判に巻き込まれていく...って展開。

この映画以降アビシェクの演技力が評価されるようになったというのを小耳に挟んだことがあるのですが、なるほど、アビちゃんメチャクチャ頑張っていますよ。話のテーマが渋いので、どうしても全体的に暗めなのですが、これが良い味出しています。

この映画、一言で言えば「渋格好良い」です。
[PR]
by iheart_2 | 2010-03-22 19:18 | Bollywood

Honeymoon Travels' LTD. (2007)

Honeymoon Travels' LTD. (2007)
http://honeymoontravels.indiatimes.com/
予告編: http://www.youtube.com/watch?v=4lRBmxsdmHM
b0125888_21524247.jpg

製作会社はファルハーン・アクタルのExcel Entertainment。(最近ホームページがおしゃれになりましたね。)
内容はタイトル通りハネムーン専用バスツアーのバスに乗車したカップル達の珍道中で、様々なカップルが登場。アバイ・デオルが出るっていうから買ってみてみたのですが....

え~っ、ゲストでアルジュン・ランパルが出ている!!もっと早く教えてくださいよ~っ!!!!

最初バイクで登場の時は「あれ、これって?」としか思っていなかったのですが、タンクトップでアクションシーンのときは「ややっ、これは絶対そうだ!」と確信しました。これでゲスト扱いはもったいないです。
それにしてもアルジュン様に連れ去られるような花嫁になってみたいものです。

他のメンバー(ていうか、そっちが主役じゃん)も良い味出しています。7・3分けアバイはキャラもある意味マンガ的。(笑)ランビール・ショーレイ(コンコナちゃんの元彼)の駄目男ぶりが可愛いです。深刻な話もありつつ、基本的にはハッピーエンド風になっている。Excelといえどもまだインド映画の伝統は受け継ぎ中かしら。

これは面白かったのでまた観るかも。感動も悩みも幸せもちょっとずつ欲しい方にお薦め。
[PR]
by iheart_2 | 2010-03-20 21:47 | Bollywood

All the Best(2009)

All the Best(2009)
出演:アジャイ・デーヴガン、ビパーシャ・バスー、サンジャイ・ダット、ファルディーン・カーンなど


すべてはヴィール(ファルディーン)の金持ちのいとこ(サンジャイ兄貴)がプレム(アジャイ)の妻(ビパーシャ)をヴィールの嫁と勘違いしたことから始まるドタバタ劇。プレムの悪知恵も入っているものだから色々複雑なのよ。でも結局はサンジャイ兄貴が勘違いしなければよかったのに、の一言で片付けられるかと。

監督がロヒット・シェッティーなので、相変わらず車は沢山回っております。オープニングはやっぱりカーニバル風総踊りでした。(笑)
b0125888_01927.jpg

アジャイ氏、本作ではプロデューサーなので金をかけまくり、プロモーションにも精を出し、おかげさまで大ヒットでしたね。良かったですね、プロデューサー!
b0125888_0173418.jpg

個人的にはボリウッドの女優さんの中ではビパーシャ大好きなんです。おんぼろジムのトレーナーっていうところとても似合っている。そんな奥様に食わせてもらっているお気楽旦那役アジャイのムキムキ具合もちょうどピッタリ?!そういえばビパーシャ姉様のトレーニングDVDも出ましたね。とにかく可愛い。
b0125888_0152247.jpg

正直な話、ゴアで撮影だけあって色がカラフルなのですが、色のカラフルさとドタバタ具合がうるさいぐらいに組み合わさって、しつこいぐらいにドタバタ度が増しているコメディ映画です。

なので吉本新喜劇よりも複雑でも大丈夫だから笑いたい方、プロデューサー業に本腰入れてプロモーション活動をするようになったアジャイ氏のために観てあげても良いファンの方、ご覧になってあげてください。

b0125888_01553100.jpg

一番右側の方、この人って「Golmaal」シリーズにも出ていたよーな気が...?!(サソリ男だっけ?)
[PR]
by iheart_2 | 2010-03-08 00:21 | Bollywood

DEV.D(2009)

DEV.D(2009)
出演:アバイ・デオルなど



ベンガル文学のシャラトチャンドラ・チャットーパーディヤーイ氏の「Devdas」の現代版、とでも言いますか。
主人公デーヴ(アバイ)は幼なじみパロが好きなのだが、ロンドンに留学することに。帰国後逢瀬を重ねるが色々行き違いがあり別れる。
失恋後デリーへ行くが、それでも諦めきれないデーヴはロンドン時代よりも酒に溺れ、薬に溺れ、売春宿へ通うようになる。売春宿で出会ったチャンダと仲良くなるが、飲酒運転で死亡事故を起こし、父親がショック死する。葬式へ行くが、手切れ金を渡され、デリーに戻るが、サイフを盗まれる。無一文の中、チャンダの行方を捜すが彼女はすでに売春宿を後にしていた。しかし彼女と再会し、2人で生きていくことになる。

てなことで、現代のデリーに上手くフィットした作品。シャー様の「Devdas」は未見ですが、この作品はアリです。インド映画の要素も忘れずにインド映画らしくない映像もあり、個人的には好き。やっぱこれからの時代はロックでしょう!
[PR]
by iheart_2 | 2010-03-07 21:23 | Bollywood

DEV.Dの音楽が面白い!

今「DEV.D」(2009)のメイキングから観ているのですが、ロックぽい音楽が格好イイ!



b0125888_2247067.jpgDev D Amit Trivedi @ iTunes

"Emotional Atyachar"のロックバージョンが面白い。これは是非サントラを買わなければ。
ダニー・ボイル(「トレインスポッティンング」「スラムドッグ・ミリオネア」)が一噛みしているようで、映像がトレスポ風。

Abhay Deolってカタカナ表記はどうなるんだろう?東京国際映画祭のサイトをみるとアバイ・デオルになっているから日本だとそうなるのかしら?でもメイキングでは「アベイ」に聞こえるのですが...。
[PR]
by iheart_2 | 2010-03-06 22:33 | Bollywood

Aladin(2009)

Aladin(2009)
出演:リテーシュ・デーシュムク、アミタブ・バッチャン、ジャクリーン・フェルナンデス、サンジャイ・ダット

アラジンと名付けられた主人公(リテーシュ)はいつも仲間から名前でからかわれている。大学にジャスミンという留学生(ジャクリーン)がやってきて一目惚れするが気が弱いため、ガキ大将(大学生なのにジャイアンみたいな奴:笑)にとられてしまう。アラジンの誕生日の日、ガキ大将&フレンズはジャスミンからアラジンにランプをプレゼントし、「ランプをこすってみろよ」とからかう。抵抗できないアラジンがランプをこするとなんとジーニアス(アミタブ・バッチャン様)と名乗るランプの精が!
一方で、そのランプを狙っているリングマスター(サンジャイ兄貴)ご一行様が街へやってくる。彼の目的は一体?

ファミリー向けファンタジー映画でございます。アラビアンナイトを上手にインド風にしていますが、主人公達が住んでいる街がインドっぽくないので、やっぱりお話の中の話っぽくしています。

暇つぶしにはちょうど良いかもしれませんね。安心してみていられました。
[PR]
by iheart_2 | 2010-03-06 22:16 | Bollywood