I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

東京国際映画祭:アジアの風「ラーヴァン」

b0125888_2025366.jpg

東京国際映画祭の「ラーヴァン」観てきました。字幕は松岡環先生でした。
やっぱり日本語字幕があると分かりやすい。高いお金出して良かった!
けれど最初席の埋まり具合が半分程度で「本当に予約分完売だったの?」と思ってしまったのですが、最終的にはほぼ満員。インド映画好きの人はインド時間で動いているのでしょうか?(笑)でもインド映画で、Intermission無しで続行とは日本的感覚ですなも。

それにしても今回観てみたところ、ヒジュラの人(オカマのお姉様)が混じっていたことにやっと気付きました。その人が男性陣に混じっていたり、女性の世話係で混じっていたりして、なるほど~、と感心。

アイシュワリヤの目の色、同じアジアに住んでいるとは思えないほど本当に綺麗な水色で、さすがミスワールド。やっぱり大画面で観ると全然違います。

しかしまぁ、アビシェク程度の濃さなら平気&ヴィクラムさんも最初の南インド風クルリンヒゲには違和感があっても最後の無精ヒゲになると慣れてしまうとは、インド映画を見過ぎているのではないか、とつくづく思ってしまった今日この頃。
でもハビエル・バルデムが大丈夫だった時点で元々濃い顔の免疫はあったのかもしれません。(笑)

映像はとても綺麗です。インドの雄大な自然が映像の中に組み込まれていて、観光局が喜んで「Incredible India!」として使うかもしれません。アビシェクが時々バカボンのパパに見えるときもありますが、それを気にしなければ当日券で観ても損はないと思います。この後10/27 13:20 - 15:35の回がありますので、興味の持たれた方は是非どうぞ。

東京国際映画祭:http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=91
オフィシャルサイト:http://www.raavan-thefilm.com/






ヴィクラムさんが主演のタミル語バージョンRaavanan予告。
アイシュが同じ役でも主役が変わると雰囲気が違います。

[PR]
by iheart_2 | 2010-10-24 19:39 | Bollywood