I ♥(heart)....

iheart2.exblog.jp

Omkara(2006)

Omkara(2006)
出演:アジャイ・デーヴガン、サイフ・アリ・カーン、カリーナ・カプール、ヴィヴェク・オベロイ、ビパーシャ・バスー、コンコナ・セン・シャルマほか
参考リンク
Omkara 予告編@Youtube | IMDB "Omkara(2006)" | ティキラタ OmkaraのDVD

b0125888_23315568.jpg


シェイクスピアの「オセロー」のインド版といわれる作品。一気にアート系に突入。

主人公Omkara(シェークスピアでいうところのオセロ)はアジャイ・デーヴガン、浮気したと思われて殺される妻Dolly(デスデモーナ)がカリーナ・カプール(へぇ~)、サイフはOmkaraの腹心だったが、部下の昇進に嫉妬して復讐するLangda(イアーゴー)役。

設定は現代だったのですね。最初気付きませんでした。(爆)バスやバイクが出てきたから「ああ、そうなのね」とやっと気付く次第で。基本的には「オセロー」の流れと一緒。人物名がインド風になっていて、浮気の証拠がハンカチではなく腰飾りとインドらしくなっているぐらい。

サイフの演技、凄いです。淡々と嫌な感じに復讐計画を進めていく雰囲気が怖い。丸刈り頭にヒゲで強面になっていて、いつもの二枚目金持ちボンボンキャラと正反対。こういうことも出来るんだ、と感心。嫌な感じに立ち回ったり、手のひらを返したように立場をころころ変えて話す態度も似合っている。上手いよね。

カリーナ、言われてみれば確かに色が白い。そうか、女優さんって結構色白系なんだ。主役のアジャイ・デーヴガン、渋いねぇ~。サイフとそんな変わらないっていうのに...。(爆)ヴィヴェク・オベロイって可愛い系なのかしら?ゴツイ面々の中では可愛く見えてしまう。こんな面じゃあサイフ扮するLangdaが嫉妬するのも無理はない。ビパーシャは踊り子さん役が可愛い。今では健康的セクシー路線ですが、この頃は直球のセクシー路線まっしぐら時代で踊りが格好いい。コンコナはきっと将来歳を取っても生き残っていけるだけの何かがあります。彼女は「顔で売っていません」って感じ。

初心者向けではないけれど、ある程度インド映画を見たことがある方にはお薦め。これを見ずしてインド映画好きとは言えないぐらい2000年代のインド映画史上はずせない映画だと思います。
[PR]
by iheart_2 | 2009-08-30 11:33 | Bollywood